冷え性対策に!マクロビ体温アップレシピ「梅醤番茶」

ーマクロビオティック自然療法

身体ぽかぽか「梅醤番茶」

体温を上げる料理研究家の
小川原智子です。

カラダの冷えを感じるとき、
冷え性が辛いというとき・・・。

 

そんなときには、


カラダの中から
ポカポカ温まる「梅醤番茶」を1杯!

梅醤番茶とは

梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)ってね、
新陳代謝を促進して
カラダを温める【三年番茶】に、
血液をきれいにして、殺菌効果もある【梅干し】、
殺菌効果、血管拡張など薬効がたくさんある【しょうが】、
血行を促進し、酵素の働きを助ける【醤油】を合わせて作る
マクロビオティックのお手当ての飲み物。

 

血行が促進され、
カラダの中からポカポカしてきて、
手足の先まで血がめぐってくるのがわかるくらい。

梅干しの塩気が
カラダに染み渡って、シャキっとしてきます。

 

「体が冷える」
「冷え性が辛い」・・・とき。

 

「梅醤番茶」を飲んで、
カラダをポカポカ温めて、体温アップしていきましょう。

 

お手当って?

「お手当て」ってね、
台所にある身近な食べ物を使って、
身体を整える、不調を予防する
昔ながらの「おばあちゃんの智恵」。

子どもの頃、
母が風邪をひいたとき、
「葛湯」や「卵酒」、
「はちみつの大根漬け」など作ってくれたな。

これはまさに、
お手当=おばあちゃんの智恵。

材料は食べ物なので、
薬のように副作用もなく安心です。

こんな症状に

◇疲れたとき

◇身体が冷えるとき

◇低血圧

◇食欲不振

◇低血圧

◇身体の冷えからくる
生理痛や頭痛、便秘

◇陰性の冷え性

◇陰性の貧血

◇二日酔い

体質改善に

最近は、
甘いものをとりすぎて、
身体が陰性に傾いて、
頭痛、冷え性、肩こり、便秘など、
日常的にたくさんの不調を抱えている方も
多くみられます。

 

そんな方は、
甘いものを控えて(やめて)、
一日一杯の梅醤番茶を飲んで、
体質改善していきましょう。

 

ご自分の体調をみながら、
3日、7日、21日・・・と
続けてみてください。

梅醤番茶レシピ

 

 

 

材料(1人分)
・梅干し    中1個
・生姜の絞り汁 2~3滴
・醤油     小さじ1/2~1
・三年番茶   1カップ

作り方
箸で種を取り除いてよく練り、
醤油、しょうが汁を加えて混ぜ、
グラグラ煮立っている三年番茶を注ぎ、
熱いうちに飲む。

ワンポイント

 

 

 

◇食材はできるだけ
伝統製法で作られた調味料、
オーガニック栽培のものを使うようにしましょう。
緊急の場合は手に入るもので構いません。

◇梅干しはできれば、
梅と塩、しそを使って
昔ながらに作られたものを使うようにしましょう。

醤油は少~しずつ加えて、
おいしいと思う味に調整しましょう。

梅干しの効用

「梅はその日の難逃れ」という
諺があるくらい、
昔から身体にいい食べ物として知られています。

 

 

 

 

デトックス(解毒)作用が高く、
身体の3つの毒を消すパワーがあります。

①食中毒など「食毒」
②滞った余分な水分による「水毒」
③血液の汚れによる「血毒」

 

いつ飲むといい?

飲む回数

一日2~3回を目安に、飲みたいと思うときに。

 

飲む時間帯

飲みたいと思うときに飲んでOk。

ただし夜寝る前以外。

寝る前に飲むと、目が冴えて寝られない方も。

体質改善には、朝一番に飲むのがオススメです。

身体がぽかぽか温かくなって、

朝のいいスタートを切ることができます。

仕事から帰ったらどっと疲れが出るという方は、

3時のおやつタイム~夕食までの時間に飲むと、

疲れがぐっと楽に。

食後よりも食前や食間のすきっ腹に飲む方が効果がアップします。

梅醤番茶が飲みたくないとき

おいしい!飲みたい!と思うときは、
身体が必要としているとき。

飲み続けているうちに、
おいしくない!飲みたくない!と
感じるようになったときは、
無理に飲まなくてOK。
身体のバランスが中庸の健康体になって、
必要としなくなったのでしょう。体質改善できましたね。

もともと、
陽性のエネルギーが強い方、お子さんは、
あまり好んで飲まれないかもしれません。
ご自分の体調がよくなったからといって、
嫌がるご家族に無理やり飲ませないでくださいね。

子どもに飲ませていいの?

すべて自然素材ですので、
小さなお子様も飲むことができます。

小さなお子様には、
4~5倍に薄めたものを
少量与えてください。

梅醤番茶は、
陽性のエネルギーの飲み物ですので、
元気いっぱいのお子さん(陽性)は、
飲みたがらないと思います。
無理に飲ませないでください。

我が家の場合、
2人の息子が生まれたときから
マクロビオティックの生活を送っていたので、
お手当は薬がわりに使ってきました。

風邪を引いたとき、
熱を出したとき、
捻挫をしたとき・・・
そのたびにてんやわんやして、
お手当で治してきました。

ちなみに、
我が家の息子たち、
普段は「梅醤番茶」は飲みたがりません。
雨に濡れて、悪寒がしたとき、
風邪をひきそうなときには、
「うぅ、まずいけど。
梅醤番茶頼む・・・」とリクエストがあります。
身体に効くことをわかっているんでしょうね^^

お湯を注ぐだけでできる!便利な「梅醤エキス」

手作りした「梅醤番茶」は、
とーーーっても美味しい!

でも、
「手作りする時間がちょっとない」
「体調が悪くて、手作りする余裕がない」
なんていうとき、ありますよね・・・。

私自身、ある、あるです^^

そんなときも安心!
お湯や三年番茶を注ぐだけで
簡単に「梅醤番茶」ができちゃう
便利な「梅醤エキス」があるんですよ。

 

 

 

なんと、
携帯用に便利なスティックタイプの梅干番茶もあります^^

 

 

 

まとめ

カラダの冷えを感じる方、
冷え性が辛いという方・・・。

平熱が低いこと、
手足が冷たいことを普通のように感じていませんか?

「冷えは万病の元」。

肩こり、腰痛、便秘、生理痛など
様々な不調の根っこに冷えがあるといわれています。

 

さぁ、
毎日の食事であなたの身体をぽかぽか温めましょう!

 

冷え性対策に!
身体が温まる「梅醤番茶」を一杯!

血行が促進され、
カラダの中からポカポカしてきますよ。

食事で身体を温めたい!
冷えを改善したい!
でも、

何をどのように食べていいかわからない・・・という方は、
気軽にご相談くださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。