• HOME
  • 料理教室イエローハーモニーSDGsへの取り組み

料理教室イエローハーモニーSDGsへの取り組み

SDGsへの取り組み

SDGsとは

SDGs(エスディージーズ)とは、Sustainable Development Goalsの頭文字を取って、
日本では「持続可能な開発目標」と訳されています。
2015年9月の国連総会で全会一致で採択された「誰一人取り残さない」持続可能で
多様性と包摂性のある社会の実現のため
「2030年に向けて国際社会が持続可能な開発のために取り組むべき17の目標」。

SDGs17の目標

1. 貧困をなくそう

2. 飢餓をゼロに

3. すべての人に健康と福祉を

4. 質の高い教育をみんなに

5. ジェンダー平等を実現しよう

6. 安全な水とトイレを世界中に

7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに

8. 働きがいも経済成長も

9. 産業と技術革新の基盤をつくろう

10. 人や国の不平等をなくそう

11. 住み続けられるまちづくりを

12. つくる責任 つかう責任

13. 気候変動に具体的な対策を

14. 海の豊かさを守ろう

15. 陸の豊かさも守ろう

16. 平和と公正をすべての人に

17. パートナーシップで目標を達成しよう

イエローハーモニーの活動と関連性の高い目標

イエローハーモニーでは、
SDGsが掲げる 17のゴールのうち、食を整えることを起点に、

「飢餓をゼロに」(開発目標2)
「すべての人に健康と福祉を」(開発目標 2)
「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」(開発目標7)
「つくる責任つかう責任」(開発目標 12)

ーを積極的に活動していきます。

 

食の大切さを発信し続けている
イエローハーモニーの「食卓から世界を笑顔に」という理論そのものが、
SDGsとつながり、事業を通じて17の目標達成に貢献したいと考えています。

イエローハーモニーにおけるSDGsの具体的な実践

①飢餓を減らす活動

◇肉の代わりに大豆ミート(大豆たんぱく)を活用
畜肉動物に食べさせるだけの穀物をかわりに人間が食べるようにすれば、
地球上で今の数倍の人口が養えると試算する人もいます。

②環境への配慮

~料理教室では食品ロスを減らす意識を持って指導しています~

◇ごみ削減のための美味しく食べる調理や食べ方を提案

◇【一物全体(いちぶつぜんたい)】できるだけ素材を丸ごと調理
米の一物全体である玄米とお野菜、発酵食を中心とした料理レシピの提案
野菜もできるだけ丸ごと調理(実、皮や葉、根、軸等)

◇「食の3R」(食材の食べきり・食材のリサイクル・ごみを減らす)を推進
・食器や鍋の汚れは、再生紙でふき取ってから洗う(水や洗剤を使う量が減る)
・生産者と交流する活動
・野菜の収穫体験
・教育機関での食育講座・食育講演活動

◇農薬や化学肥料を使わずに作った野菜や穀物をいただく
土や自然の力を生かした農業は地球環境の浄化につながります

◇【身土不二(しんどふじ)】できるだけ身近なところでできた食べ物(国産)をチョイス
基本的に自分が住んでいる土地でとれるものを食べるようにすれば、
輸送に使われるエネルギーの節約にもなります。

③エコアイテムの導入

◇サロン内で使用するアイテムやオンラインで販売する商品は、
地球環境にやさしいものに順次移行。

◇サロンはの建築用建材は化学物質が含まれる「集成材」は使わず、
山から切り出した木をそのまま製材した無垢材を使用。

◇サロンの建築用材は、地元・茨城県の八溝山の木材を100%使用。
搬送距離が短く、輸送コストだけでなくCO2の削減にも貢献。

◇再生紙を用いたレシピを導入

◇オンラインストアで販売の「玄米よもぎ蒸しカイロ」は、
使い捨てず長く使ってもらえるよう全商品レフィル「エコ袋」を制作・販売

◇台所道具は、プラスティック製品を極力減らし昔ながらの木製を使用(まな板、はし、ざる、皿など)

◇つくば市のここちテリアでは、電気を使わない
薪を使った火起こし体験、直火で料理で健康増進する「太陽食堂」をコラボ開催